FC2ブログ
kaoru
  • Author:kaoru
  • こんにちは♪
    かおると言います。
    主な趣味は旅行です。
    旅行を中心に日々の事から時事ネタまで多岐にわたる情報を書いて行きます!!
  • RSS
ALL ABOUT KAORU.
多岐にわたる話題で女子、女性、淑女のみなさんと情報共有!!
プロフィール

kaoru

Author:kaoru
こんにちは♪
かおると言います。
主な趣味は旅行です。
旅行を中心に日々の事から時事ネタまで多岐にわたる情報を書いて行きます!!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


海外挙式vol.3 依頼する会社選びの極意とヴィラについて!
次は会社選びのポイントです。

最近需要がかなり増えている海外挙式!
検索すると沢山の代理店が出てきますよね〜。
大手の旅行会社もほとんどが挙式プラス新婚旅行を銘打って商品が充実しています。


さてカオルも相当悩みましたし、大量に資料請求をしました。

で、値段や雰囲気、やりたい事などで比較検討していた結果、分かった事



その国に特化した会社が情報量が多い&わがままが通ります!!
大手の会社ではない事が多いのでお値段面も◎!!



そこから自分のわがままや雰囲気に合う会社を探してみて下さい。
ちなみにカオルはバリ挙式専門の会社、Feast Bali Bridalさんにお願いしました。
わたしはバリならヴィラ挙式と決めていましたし、なんといってもHPの雰囲気や
先輩カップルの方々のフォトギャラリーの写真もセンスの良いものが多く
案外スーっとFeastさんに惹かれていきました。



さてヴィラとは。。。

バリなどの東南アジアリゾートに多く発達している宿泊施設の形態です。
イメージとしては大きな一軒家を貸し切るイメージです。
家と一緒でリビングがあったりキッチンがあったりします。
ベッドルームの数はそのヴィラにより様々で、
部屋ごとにトイレやお風呂がある事がほとんどです。
そしてほとんどのヴィラは豪華なプール付き!!!!!
なので仲良しの家族同士の旅行や数名の友人と貸し切ってなど使い方は様々です。
ほどよくプライベート感もあり、最高ですよ〜☆

朝食はヴィラのスタッフやバトラーと呼ばれるお手伝いさんが
毎朝自分たちのヴィラまで作りに来てくれます。
時間やメニューは前日に相談しておきます。
ちょっとしたセレブ気分が味わえるのがヴィラなのです!!



さて私たちはFeastさんに色々と相談し、私たちの希望に合う、
挙式の出来るヴィラを探していきました。
わたしのわがままは以下の通りでした


☆17人全員で宿泊出来るヴィラ
☆空港から近い
☆プールが大きい


するとそういったヴィラは取り扱いの中では一つしかなく、
その雰囲気も一目で気に入ったので即決!!
空港から近いのに静かで落ちついた雰囲気のあるジンバラン地区にある
Temple Hill Residence Villaです!!


参列者の内訳はざっと
☆新郎、新婦   2名
☆新郎家族、親戚 5名
☆新婦家族、親戚 4名
☆共通の友人   6名

計17名でしたので、、、


新郎新婦と友人の8名で4ベッドルームヴィラに宿泊
新郎家族5名で3ベッドルームヴィラに宿泊
新婦家族4名で3ベッドルームヴィラ宿泊

計3棟を貸し切っての宿泊に決定!!



1つのベッドルームにはキングサイズのベッドが配置してあるのがほとんどで
希望によってツインにしてもらったりもしました。
もちろん全てのヴィラにプールがあるので男性陣は大興奮!!朝も夜も泳いでいました。
そしてそれぞれのヴィラまでの距離は徒歩30秒前後。。笑
まさにおとなりさん家に行く感覚で家族の棟を用意しました。

ベッドルームが多いヴィラにはマスターベッドルームなるものが存在し、
そのマスタールームが1階にある場合、その他の部屋が全部2階にあったり
その逆だったりなので今回のように新郎新婦と友人達が一緒の棟に
宿泊するケースでもマスタールームに新郎新婦が宿泊すれば
主役感もあり万々歳!!



なんだかヴィラの宣伝のようになってきましたが、、、笑
でも本当に良かったんです。
気になって来た方は  バリ、ヴィラ、宿泊 などのワードで
是非ググってみて下さい!!
夢の様な風景が待っていますよ!!


さてヴィラのどこで挙式するの??
と思っている方も多いと思いますが、庭です!!
プールサイドにはデッキや庭がありますのでほとんどのヴィラ挙式は
この空間を利用して行われます。

この際、一番大きな棟で行われる事が多く、私の宿泊した
Temple Hill Residence Villaでは新郎新婦と友人たちで宿泊した
4ベッドルームが一番大きな棟でしたのでそこで挙式は執り行われました。



さて今回はここまで〜☆











スポンサーサイト



海外挙式vol.2 国選びの私的ポイント!
2012年4月、海外挙式を決意した私たち。
前の記事で書いていた通り11月挙式でしたのであと7ヶ月!
海外挙式の準備を進めて行くペースとしては少し遅めかもです。

次は肝心の国選び!!

それはもう様々な国が候補に挙りました。
ハワイ
イタリア
アメリカ本土
バリ
プーケット
カンクン
シンガポール
もちろんモルディブやタヒチも。。


その他数えきれない国や地域のも候補に。。。
だって挙式だけでなく、ハネムーンも兼ねている訳ですから簡単には決まりませんよ。


旅行好きな私。。
悩みだして決められない事態に。。
しかも全ての国や地域に素晴らしい個性があり全部行きたすぎる〜!!!!!
みんなちがって、みんないいとは良く言ったものです。



そこで、あえて縛りを設けて悩みから解放される作戦です。



まず私の縛り(わがまま)のリストアップをします。

1、友人を呼びたい
2、渡航時間は短い方がみんなのため
3、時差は無い方が良い
4、開放感のあるリゾート
5、人生一度のハネムーンも兼ねているので贅沢したい!

これくらいでしょうか。。


ここからは私的感覚も大いに加わりますがお許しください。w



1の友人を呼びたい で随分削減出来ました。
旅費まで私たちは負担は出来ないのでなるべく近い所にしようという事になったからです。
この条件で2の渡航時間の件もクリア!

ハワイ
バリ
プーケット
シンガポールが生き残りました。




3の時差!
ここでハワイ脱落!

4のリゾート
シンガポールが脱落!

残るはバリとプーケット!
でも時差は一時間でも短くしたい!そして物価は低い方が贅沢できる!!
という事で案外すぐにバリに決定!!
しかも数年前に一度バリに訪れた事があり何となく安心感もありました。






さてこれでカオルの挙式はバリに決定したのですが、
読んで下さってる皆さん向けに上記の国のおおまかな渡航時間や特記事項を!!




ハワイ・・・渡航時間7時間前後  時差19時間
      大人気ですね!施設も充実してるしわがまま叶えられる度数は一番!!
      町でも頻繁に日本語が飛び交い英語がほぼ無理でも何も困らないほどです。
      ショッピングも充実しているのでその後の滞在も買い物好きにはたまらない!
      しかも日本で買うより安い!!
      カオルは女友達と行きましたがまさに天国でした。
      

イタリア・・・渡航時間12時間前後   時差7時間
      世界遺産の町イタリア。写真などどこを撮っても絵になる町ですね。
      町ではイタリア語が主で使われていますがみんな英語も出来ます。
      南国リゾート的雰囲気はもちろん無いのですが素晴らしい歴史的な教会や
      重厚感のある建造物での挙式が可能。
      イタリア発の世界的ブランドも多くショッピングや町歩きも楽しそうです。
      ユーロなので物価は高め。
      ハネムーン以外では長期休暇が難しい旦那様の場合、これを機にヨーロッパに
      行っておくのはありありです!!


アメリカ本土・・・渡航時間12時間前後   時差最大17時間(地域による)
         世界の中心、アメリカ!!
         若いうちに一度訪米の価値ありだと思います。(行った事ないけどさ)
         式場の種類ももちろん、観光やショッピングも多岐に渡り地域を選べば
         やりたい事やわがままはほぼ叶えられると思います。
         もちろん公用語は英語。本場の英語!!笑
         ニューヨーカーは冷たいなどと言いますがNY在住のカオルの友人は
         みんなとっても親切でフレンドリーだと豪語しています。
         カオルも近々、アメリカは行っておこうと訪米検討中です。


バリ島・・・渡航時間7時間前後   時差1時間
      リゾート感は満点!ビーチだけでなく青々とした植物達も相まっての自然美。
      とにかく物価が安く、人生一度の贅沢をしたい!方にはもってこいの島です。
      世界有数の高級ホテルに安価で宿泊できますし!
      またヴィラも充実していますので大きな邸宅を一棟丸々貸し切って
      プライベートプールで全裸で泳ぐ事も出来る!!!笑
      残念ながら普通の観光客やハネムーナーが行くような地域では
      キレイな海!は望めません。
      初めて渡バリした際、海の普通さにびっくりしたのを覚えています。笑
      公用語はバリ語。
      ただリゾート大国なのでホテルやレストランの方はほぼ英語OKです。
      ショッピングの楽しさは△。でもそれなりの繁華街は充実しています♪
      のんびりしに行くリゾートアイランドって感じ。


プーケット・・・渡航時間8時間前後   時差2時間
      アジアを代表する素晴らしいリゾート地です。
      ご存知でしょうがタイのビーチリゾート。
      海も奇麗です!ホテルもリゾート感を売っているとこばかりで満足出来ます。
      ショッピングは△。ナイトマーケットや繁華街はそれなりの規模。
      直行便も出ていますがショッピングも外せないのであれば経由便でバンコクや
      はたまたシンガポール乗り継ぎもオススメ!楽しいですよ〜。
      公用語はタイ語ですがこちらも観光で成り立っているので
      だいたいは英語が通じます。

 
カンクン・・・渡航時間16時間(2013年4月現在、直行便なし) 時差15時間
       カオルももちろんカオルの周りでも誰も訪問していないので
       詳しい事は分かりませんが。。世界のセレブが大注目してます。
       メキシコにある世界的なビーチリゾートでカリビアンブルーの海♪
       とにかく青い海と白い砂浜が眩しい!陽気なアミーゴ達が待っています。笑
       物価は少々高いです!
       でもみんなと同じは嫌!なあなたにはオススメ。
       現時点では日本からの直行便が無いのでアメリカ経由などで 
       2カ国訪問出来る所も人によっては魅力ですね!



シンガポール・・・渡航時間8時間弱   時差1時間
         カオルの大好きな町、シンガポール!
         青い海などは離島に行かないとありませんが、買い物が楽しい!
         そして町が奇麗です。物価は少し安めですが日本も最近激安店が増えて
         いるので、さほど変わらないと感じる方も居るかもです。
         でもシンガポール挙式はググってもほぼ出てきません。
         海外からの結婚式産業にはあまり力を入れていない様子ですね。
         ただ数少ないですが無い事は無いので実現は可能です。
         最悪自分でホテルに掛け合うなどもありますし♪
         

モルディブ・・・渡航時間10時間前後   時差4時間
        とにかく海!!!!!!美しすぎる海!!!
        起きて海、食べて海、まったりして海!!!!
        1島1リゾートを実現していて小島が沢山!
        プライベート感は満点ですね。
        公用語はディベヒ語(モルディブ語)ですが英語も良く通じます。
        買い物は期待できません。 
        とにかくゆっくりと海を堪能できるリゾート島。
        首都のマーレには少しマーケットがあるようです。
        タヒチにも言える事ですが交際歴が短いカップルにオススメ 笑
        二人でまったり海を眺めるだけでもう満足!!て人にもってこいですね。
        また、モルディブとタヒチを同じ土俵で比べる方がいますがなんと
        ベストシーズンが真逆です!!


タヒチ・・・渡航時間11時間前後   時差19時間
      こちらも美しすぎる海が魅力のフレンチポリネシアの島です。
      公用語はフランス語!異国感満点ですね。
      ホテルなどはもちろん英語で大丈夫です。
      水上コテージで一世風靡したボラボラ島があるのもこのタヒチです。
      買い物はモルディブと同じく期待してはいけません。
      友人がハネムーンで訪れていましたが水上コテージの上から海を見下ろすと
      透き通る海に小魚の群れやマンタの陰を見る事が出来るらしい! 
      大変素晴らしかったとの事。
      そして読みたい小説を数冊持って行くのがオススメと話しておりました。
      要するに食べて、泳いで、寝て、泳いで、読んで、泳いでの繰り返しだと。
      何もしない贅沢!!日本人はこんな所にでも行かないとせかせかしちゃうので
      逆に良いかもしれませんね。


     

その他にも
自然いっぱいのオーストラリア!
リゾートのパイオニアであるフィジー!
情熱の国スペイン!
お洒落の中心フランス!
美しい島々も魅力のギリシャ!



などなどたーーーーくさん選択肢はあります!!
自分に合う条件で上手に探して行きましょう!!
きっと素敵な挙式、ハネムーンになること間違えなしです♪



つづく・・・




海外挙式を選んだ理由(選べた理由!)
かおるは
2012年11月(つい先日!)
海外挙式を行いました。
それまでの道のりをゆっくり紹介します。



2011年11月から1月頃(挙式1年前)

国内のホテル挙式で迷っていました。
場所は関西近辺。
でもなんだか違う。。
仕方ない事なんですが、当たり前の事なんですが
日本のホテルや式場のほとんどが会場に一歩入るまでは、また会場から一歩出たら
ただの雑踏、ただの日常、立地次第では大通りなんてのも多いですね。。
それがなんだか自分の中で納得できずで。。。





2012年2月から4月(挙式まで9ヶ月〜7ヶ月)



自分の選択肢の中に大きく海外挙式も入ってきました。
また、2月下旬に友人の結婚式でタイを訪れ、やっぱ良いかも!!!
と拍車がかかり。。。


その後海外挙式についての雑誌やブログ、HPを読みあさり
ネットサーフィンの毎日を経て。。。
ついに自分の中ではほぼ海外挙式が決定!笑(3月末頃)

☆元々日本より費用が安い
☆さらにハネムーン渡航費も含めれてお得
☆非日常的
☆以前から家族、友人たちと海外でパーティーがしたかった
☆国内外問わず旅行フリークの私、情報収集には自信がありました!



以上が決め手になった理由です。

そしてある意味最大の難関は
家族の同意!!


実は一番大切だと思います。


多少なりと援助してくれたり、晴れの門出の最大の応援者という立場!
両家の家族の納得がなければ意味がありません。

実際わたしの周りにも家族の事で海外挙式を断念した友人が多く居ます。
飛行機恐怖症や、海外への嫌悪感、おばあちゃんの体力などなど。。


わたしたちはこの点本当に恵まれていました。
両家ともに満場一致で大賛成!!(4月半ば頃)
やったーー♪

←内容が役に立ったらポチッとお願いしまーす\(^▽^)/


次へつづく。。。